本文へスキップ

メタボ対策には1日どのくらいの運動が必要?

メタボ対策には1日どのくらいの運動が必要?

メタボ対策には1日どのくらいの運動が必要?

メタボ対策の要となるのは食事制限ですが、同時に運動もしていくとより効果的です。
メタボ体質の方は代謝が低下していることが多いので、運動をして代謝を上げていきましょう。
1日20~30分を目安に身体を動かすことで、代謝を高めることができます。
代謝が低くなっている方は、脂肪が非常に溜まりやすくなっています。
脂肪が付着すると簡単には脂肪を落とすことができないので、特にメタボの方は苦労するでしょう。
メタボ体質になってしまう方は、体重コントロールを行っていない方が少なくありません。
すでに肥満体質になっている状態から痩せていくのは容易ではないので、最初は無理のない運動で対策をしてください。
1日20~30分くらい歩くだけでもよいですが、手足はしっかりと振って歩いてみましょう。
動作をてきぱきとすることで、筋肉と関節を効率よく動かし、カロリー消費をすることができるのです。

運動にしても温浴療法にしても、20分以上は続けるのが基本と言われています。
もちろん無理をしてはいけないので、自分にとって続けられることが重要となります。
ジョギング20分は無理だけど、ウォーキングなら可能という方は、毎日ウォーキングをしてみましょう。
最初は辛いかもしれませんが、身体が慣れてくるとあまり疲れを感じなくなります。
何事も最初が大変ですが、これは新しいことに身体が慣れていないためです。
身体が慣れてくると、毎日の日課として無理なく行えるようになり、効果的にメタボ対策ができるでしょう。

ウォーキングする男性