本文へスキップ

メタボ対策に有効な栄養素とその働き

メタボ対策に有効な栄養素とその働きpolicy

メタボ対策に有効な栄養素とその働き

メタボ対策について、いくつかの有効な栄養素、またその栄養素の働きを紹介していきます。

まずは、ビタミンB1です。
これは米糠、大豆などに含まれている栄養素で、体の中の炭水化物をエネルギーに変えてくれるものです。
メタボ対策にあたり、男性なら1日1.4ミリグラムほど、女性なら1.1ミリグラムほど摂ることをおすすめします。

ビタミンB2も有効なものになります。
これはレバー、納豆などに含まれていて、エネルギーの代謝に深く関係しているものです。体の中の脂肪を燃やしてエネルギーにする際に欠かせないものになります。脂肪の燃焼によってメタボが改善するわけですから、ビタミンB2はメタボ対策の上でなくてはならないものということです。
摂取量については男性なら1.6ミリグラムほど、女性なら1.2ミリグラムほどです。

さらにパントテン酸も効果的な栄養素です。
これはレバー、イワシなどに含まれているもので、脂肪の代謝において重要なものです。
炭水化物をはじめ、糖質の代謝においても重要になります。
摂取量については、男性なら6ミリグラムほど、女性なら5ミリグラムほどです。

アミノ酸も効果的な栄養素です。
リジン、アラニン、アルギニンなど、燃焼系と呼ばれるアミノ酸があります。
これには脂肪を分解する酵素を活性化する働きがあります。
この酵素によって体脂肪がエネルギーとして燃やされます。
脂肪を燃やしやすい体質を、この酵素の摂取により作ることができるということです。

レバー